デアゴスティーニ【つくって あつめる スヌーピー&フレンズ 】53-54号!「ついに…。」    

デアゴスティーニ
この記事は約3分で読めます。

今日はSeriaの「駅のベンチ」用に作ったベンチ広告を完成させて、記事を書こうと思っていたら「今日は神戸に行こう!」って嫁に言われたのでそちらはまた次回に…。

「つくって あつめる スヌーピー&フレンズ 」第53号

アメリカのコミックス「ピーナッツ」の名シーンをミニチュアにしたボックス型コレクションを作るデアゴスティーニのマガジンの第53号です。

第53号の付属パーツ

第53号にはフィギュアは付いていませんでしたがパーツは少なくて組みやすそう。

ボックスの外壁と天井パーツと基盤、緑色の何か…。

第53号の組み立て

第53号の組み立ては【冬のシーン-フィギュアスケート】の続きです。

まずはペパーミントパティーの後ろの穴にこの緑色のパーツを取り付けます。

一瞬何か分からなかったけどよく見ると緑色のベンチでした。

satoshi
satoshi

なかなか斬新な感じ…。

両側に外壁を立て掛けて部分的に瞬間接着剤で固定。

写真ではほとんど見えないけど奥の方のネジを止めます。

基盤の方向を確認し天井パーツに取り付けます。

付属のネジを留めて完了です。

【冬のシーン-フィギュアスケート】の外壁の取り付けが完了しました。

簡単な作業だったのは嬉しいですが記事にするまでも無い作業でしたね。

「つくって あつめる スヌーピー&フレンズ 」第54号

続いて第54号も一緒に組み立てました。

satoshi
satoshi

こっちは更にやる事が少なかった…。

第54号の付属パーツ

見るだけで分かります。第54号も簡単な作業ってことがね。

第54号にはウッドストックのフィギュアが付いてましたが今回の号では使用しないフィギュアでした。

そしてこれが待ちに待った犬小屋型ボックスのパーツです!ちょっと思ってたより素材が安っぽくてちょっと残念…。

片側の横幅が20cmでなので犬小屋型ボックスの底面は約40cmになるみたいですね。

satoshi
satoshi

置場を準備しておかないとな…うん。

第54号の組み立て

第54号の組み立てはLEDシートを貼って点灯確認をしてフタをするだけの工程となってます。

LEDシートの貼り付け。

手前と奥側にLEDシートを付けた状態。

なにげに楽しい点灯確認。うん…綺麗だ。

LEDの点灯が確認できたら天井パーツにフタをして完成。

最後の作業はさっきの犬小屋型ボックスの床パーツを確認し、次回作成する際に見分けがつくように54号のパーツと分かるようにしておく事でした。

組み立て説明書にはマスキングテープなどを貼って番号を書いてます。

satoshi
satoshi

パーツの入ってるブリスターにちょうど良いシールがあるんだよな。

こんな感じに貼っておくと次のパーツて見分けがつきそうですね。

まとめ

デアゴスティーニ【つくって あつめる スヌーピー&フレンズ 】の53号と54号を一緒に組み立てました。

記事にする程の工程もありませんでしたがせっかく約2年も掛けて作成するシリーズなので、記録として残したいですからね。

たぶん今作ってるのが2月の定期購読便で届いたモノで、既に3月分と4月分の段ボールが積み上がってます…。

satoshi
satoshi

やりたい事が多過ぎて全然時間が足りない…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました