『HotWheels(ホットウィール)』

マクドナルド「ハッピーセット」
この記事は約3分で読めます。

以前、ハッピーセットのおもちゃ紹介の記事で1998年に発売された「ホットウィール ナスカー」を紹介しましたが

翌年の1999年にも男の子のおもちゃが「HotWheels」で女の子のおもちゃが「Barbie」の時期がありました。

今回はその1999年版の「HotWheels」の紹介です!1998年版はこちら↓

satoshi
satoshi

HotWheels♪

アイテム紹介

  • タイトル:HotWheels(ホットウィール)
  • ラインナップ:全4種類
  • 発売時期:1999年

ホットウィールは1968年から販売されているダイキャストカー。現在までに40億台を製造されていて販売台数は世界No.1!

パッケージ写真(表・裏)

パッケージ表
パッケージ裏

1998年版のホットウィールよりもこちらの1999年版の方が私の思い描くホットウィールのイメージに近いです。(ホットウィール=変な形の車。もちろん良い意味ですよ)

「Black Track(ブラックトラック)」

パッケージデザイン
おもちゃ
詳細

「ブラックトラック」

ダイキャスト製の為、重量感が良いですね。

ハッピーセットのオリジナルでは無いと思うので製品版にも同じ形の車があるんでしょうかね?

「Surf Boarder(サーフボーダー)」

パッケージデザイン
おもちゃ
詳細

「サーフボーダー」

こちらは名前の通りサーフボードが積まれた車になっています。

青いサーフボードが2個積まれています。

「Double Cross(ダブルクロス)」

パッケージデザイン
おもちゃ
詳細

「ダブルクロス」

緑色のボディで運転席と助手席のルーフが透明になっています。

「Street Raptor(ストリートラブター)」

パッケージデザイン
おもちゃ
詳細

「ストリートラブター」

こちらはなんとなくレトロっぽい雰囲気の車ですね。

1人乗りなのか小さめの車でF1のようにも見えますね。

まとめ

1999年のハッピーセットに登場した「HotWheels(ホットウィール)」の紹介でした。

ホットウィールを集め出したばかりの初心者なので詳しいコトは分かりませんがコレクターの方ならもっと良い説明が出来るだろうなぁ。

今回はハッピーセットの紹介以外にもホットウィールのディスプレイ方法を紹介したいと思います。

ディスプレイ方法

この前の100円セールの時に大量に買ったのはいいけど、置き場所がありませんので100円ショップのダイソーに行ってコレを買って来ました!

スリム型ネットフック

昔は3本で100円でしたが久しぶりに買いに行くと2本で100円になってました。

これをどうするかと言うと…。

使用方法

こんな感じにお店にレイアウトされているみたいに吊して並べようと思います。

※写真はスターウォーズのブリスターパックに入ったフィギュアです。

設置場所

現在のおもちゃ部屋には空いたスペースがほとんど無いのでとりあえず壁の見えるここのスペースを選びました。

完成!ホットウィールエリア

壁に貼り付けるだけだと6個程しか飾れないスペースですがこのフックを使うと1個のフックに4個は飾る事が出来ます。

前回購入分でスペースのほとんどが埋まってしましたが次回購入予定の4月発売のホットウィールぐらいはまだ飾れそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました