『Ty Beanie Baby (ティーニービーニーベイビーズ)』

Ty
この記事は約5分で読めます。

ハッピーセットのぬいぐるみシリーズを続けて紹介して来ましたので今日は日本初登場の「ビーニーベイビーズ」のおもちゃを紹介したいと思います!

ハッピーセットのおもちゃと実際のビーニーベイビーズを比較する為にコレクションのビーニーベイビーズをおもちゃ部屋から出して来ました!

satoshi
satoshi

当時は凄い人気でしたね。

アイテム紹介

  • タイトル:Ty Beanie Baby (ティーニービーニーベイビーズ)
  • ラインナップ:全8種類
  • 発売時期:2000年

世界150ヶ国以上で愛されるオンリーワンのぬいぐるみ

1986年にアメリカに設立されたTy INC.(タイ インク)が販売するTyの代名詞ともいえる有名ラインが「Beanie Babies」です。

パッケージ写真(表・裏)

パッケージ表
パッケージ裏

カラフルなぬいぐるみで見ているだけでワクワクします!

ちゃんと赤色のハートのタグが付いているのが「Beanie Babies」である証明ですね。

当時の男の子達はガッカリするかも知れませんが女の子達にとっては神回だったかも知れませんね。

satoshi
satoshi

私にとっては神回でしたね!

「FLIP(フリップ)」

パッケージデザイン
おもちゃ
詳細

真っ白な白猫の「フリップ」

目と鼻が刺繍になっていてヒゲもピンクの糸で再現されています。

耳の内側がピンクになっていて可愛いです。

「FLITTER(フリッター)」

パッケージデザイン
おもちゃ
詳細

鮮やかな羽根の蝶々の「フリッター」

パステルカラーのグラデーションが綺麗で目は青色の刺繍で触角が紫色の色で再現されてます。

何気にお気に入りのビーニーベイビーズの一つです。

「BUMBLE(バンブル)」

パッケージデザイン
おもちゃ
詳細

黄色と黒のストライプ柄の蜂「バンブル」

蜂ってこんな形でしたっけ?この色でなければ蜂だと分からないでしょうね。

見えにくいですが黒色の頭部に目も黒色の刺繍になっているので白色だともっと可愛いかったかも…触角も黒色です。

「LIPS(リップス)」

パッケージデザイン
おもちゃ
詳細

カラフルで口元が可愛い魚の「リップス」

斬新な配色だけどぬいぐるみにするならこのぐらいの方が良いのでしょう。

リアルな色だと可愛くないだろうなぁ…。

名前は特徴的な口元からきてるんでしょうね!

「NEON(ネオン)」

パッケージデザイン
おもちゃ
詳細

ネオンカラーが綺麗なタツノオトシゴの「ネオン」

SEAHORSEと呼ばれるだけあってぬいぐるみも馬に見えなくもないですね。

名前の由来はこの綺麗な色からきているのでしょう。

「SCHWEETHEART(シュウィートハート)」

パッケージデザイン
おもちゃ
詳細

前髪が可愛いオランウータンの「シュウィートハート」

今回のラインナップの中では1番手の込んだ作りになっています。

目の刺繍も凝っていて何とも言えない可愛い表情になっています。

開封して座らせて飾りたいぐらいです。

「SLITHER(スリザー)」

パッケージデザイン
おもちゃ
詳細

可愛いヘビーの「スリザー」

毒々しいカラーリングなのに可愛いヘビのぬいぐるみですね。

裏側が鮮やかな黄色になっているのもポイントが高いところです。

舌が出ているのもヘビらしくて良いですね。

今回のラインナップだと1番のお気に入りです!

「LUCKY(ラッキー)」

パッケージデザイン
おもちゃ
詳細

幸運を呼ぶ縁起の良いテントウムシの「ラッキー」

蜂のバンブルと同様に黒色の頭部に黒色の目が少し残念です…。

昆虫のぬいぐるみ化はリアル過ぎると怖いし可愛くしようとすると変な形になるし難しいのでしょう…。

名前からしてナナホシテントウなのかも知れませんね。

比較

ビーニーベイビーズのコレクションと同じ種類のぬいぐるみが2つありましたので比較してみました。

FLITTER(フリッター)
左 ハッピーセット版 右 通常版

通常版のビーニーベイビーズと比較するとハッピーセットのビーニーベイビーズのクオリティの高さが分かります。

SCHWEETHEART(シュウィートハート)
左 ハッピーセット版 右 通常版

こちらもぱっと見は大きさが違うだけで再現力が高いですよね。

まとめ

海外のマクドナルドで発売されて話題を呼んだTy Beanie Baby (ティーニービーニーベイビーズ)が日本で初登場しました!

私はこのハッピーセットが発売される前からビーニーベイビーズのファンでしたので発売を知った時はすごく嬉しかったのを覚えてます。

さすが世界150カ国以上で愛されているぬいぐるみだけありますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました