2001年に販売されたハッピーセット「ファービー」の紹介!

マクドナルド「ハッピーセット」
この記事は約4分で読めます。

またまたオークションで格安のプレイモービルを落札しましたV

このプレイモービルを開封してレビューをする予定でしたが、せっかく未開封だったし持ってないシリーズだったのでやっぱりこのままおいて置く事にしました。

なので今日は2001年に発売されたハッピーセットのおもちゃ紹介です!

商品紹介

パッケージ 表
パッケージ 裏
  • 商品名:ファービー
  • 発売年:2001年
  • 種類:全8種類

1999年に日本で発売され「話すロボットペット」として話題となったファービーが2年後の2001年にマクドナルドのハッピーセットに登場しました。

①ファービー(パープル)

パッケージ デザイン
ギミック紹介

ファービーを握るとお腹にハートマークが光るギミック付きのおもちゃになっています。

全体
アップ

半開きの口がいかにも動きそうにも見えますが可動はしません…瞳の色はグレーです。

黄色のキーホルダーが付いています。

②ファービー(ブラウン)

パッケージデザイン
ギミック紹介

ブラウンのファービーは持って上下に振ると鳴き声(音)がするギミック付き。

ファービー 全体
ファービー アップ

瞳の色はグリーンでキーホルダーの色も同じグリーンの成形色になってます。

③ファービー(ウシ柄)

パッケージデザイン
ギミック紹介

ウシ柄のファービーは握ると耳が可動するギミックが付いています。

ファービー 全体
ファービー アップ

瞳の色はブルーでキーホルダー部分がパープルの成形色となってます。

ウシ柄はどんなキャラクターでも可愛いですね。

④ファービー(トラ柄)

パッケージデザイン
ギミック紹介

トラ柄のファービーにはお腹を押すと音声がなるギミック付き

ファービー 全体
ファービー アップ

瞳の色はブラウンでキーホルダー部分はレッドです。これまでの瞳のカラーは不気味でしたがブラウンは普通に可愛いですね。

⑤ファービー(ブラック)

パッケージデザイン
ギミック紹介

ブラックのファービーには尻尾を引っ張って離すとファービーが震えるギミック付いています。

ファービー 全体

瞳の色はグリーンで不気味です…キーホルダー部分もグリーンになってます。

髪がイエローになっていて全体的にペンギンにも見えなくもないですね。

⑥ファービー(レッド)

パッケージデザイン
ギミック紹介

真っ赤なファービーには遊べるギミックはなくて小物入れになっています。

ファービー 全体
ファービー アップ

瞳の色はグレーでキーホルダー部分がイエローになってます。髪や全体のカラーが赤一色で綺麗です。

⑦ファービー(ヒョウ柄)

パッケージデザイン
ギミック紹介

パッケージに「glow in the dark」と書かれていてファービーの目が不気味に光っています。

蓄光塗料か何かで暗闇で光るギミック付きです。

ファービー 全体
ファービー アップ

ブルーの瞳にキーホルダーはパープル、耳の内側がピンク色で動物っぽくて可愛いです。

⑧ファービー(グリーン)

パッケージデザイン
ギミック紹介

グリーンのファービーにはお腹を押すと鳴き声(音)を出すギミック付きです。

ファービー 全体
ファービー アップ

瞳はグレーでキーホルダーがレッドです。

模様の入ったグリーンがモンスターっぽい感じがして面白いですね。

まとめ

2001年に登場したハッピーセット版の「ファービー」の紹介でした。

見た目の不気味さは本物のファービーを忠実に再現されています。

本物のファービーはブームが去るのと同時に手放してしまいましたが、確かコレクションとして置いている「ファービーベイビー」がまだ残ってる気がします。

今ではたくさんのデジタルペットが発売されていますが当時の「ファービー」はデジタルペットの先駆けだったのでニュースでファービーの存在を知った時は「どんなおもちゃだろう」とワクワクしてましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました