新感覚!3分で作れないカップヌードル 1/1スケール プラモデル

プラモデル
この記事は約6分で読めます。

少し前から気になってたいたプラモデルが家に帰るとありました。

satoshi
satoshi

何でもない日に貰うプレゼントの嬉しさ。

今日はこの今までになかった新感覚なプラモデルをレビューしたいと思います!

商品紹介

BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル
  • 価格:2,420円(税込)
  • 発売日:2020年09月18日
  • 対象年齢:15才以上

BEST HIT CHRONICLEとは

“組立てる”ことで“知る”あの時の感動!
多くの人々を魅了し世の中に革新を与えた「ヒット商品」を生み出してきた企業とのコラボレーション企画。

BANDAI SPIRITSと日清食品株式会社とのコラボレーションでカップヌードルのプラモデルが誕生しました!

発売日はカップヌードルが発売された1971年9月18日に合わせて2020年9月18日にしたところも素敵ですね。

パッケージ

パッケージ全景

写真では大きさが分かり難いかと思いますがなかなか大きなパッケージとなってます。

パッケージ側面
パッケージ側面
パッケージ側面

こだわりのポイントや各ランナーの紹介等、見ているだけでワクワクします。

開封

開封した状態
付属品
付属品
  • ランナー × 14
  • 取扱説明書 × 1
  • フタシール × 1
  • カイナスシール × 1
  • ネギ再現用ビニル資材 × 1

普段見ることのない謎肉やたまご、エビなどの面白いランナーに加え、ネギ再現用ビニル資材などプラモデルで見ることのないモノが多いです。

組み立て

組み立てはパチパチとはめていくだけで完成するのでプラモデル初心者でも簡単に作れますがニッパーぐらいは欲しいですね。

カップの組み立て

カップ上部
キャタピラの再現

カップの赤色のラインや金色の帯型の模様(通称:キャタピラ)を別パーツを挟み込むことで再現しています。

カップの上部分と下部分が完成!

隙間なく綺麗に再現されたキャタピラを見るとBANDAIの技術力の高さが分かりますね。

カップの文字パーツ

学生の頃はたまにプラモデルを作ってはいましたがその時代にはこんな立体的なランナーは見たことないですね。

文字の作成途中

赤色の文字枠に白い文字をはめていくこの作業が1番楽しかったです。

文字の完成

カップヌードルをプラモデルにしようと思う段階でかなりやばい発想ですが、よくこんな文字まで再現しようと思いましたね。

別々に完成したパーツ
カップの正面
カップの裏面(シール未貼り)

裏面の細かい文字はシールを貼り付ける事になりますが良く見ると精密なモールドで再現されているので墨入れや塗装で仕上げることが出来ます。

シール貼り付け後

塗装の技術は持ち合わせていないので私はシールを貼って完成です。

麺・具材の組み立て

麺パーツ

3Dスキャンで再現された精密な麺パーツを組み合わせることでカップヌードルの疎密麺塊構造を組み上げることが出来ます。

麺パーツに麺パーツを重ねる作業

組み上がった麺塊にさらに麺パーツを被せて立体的な麺塊になります。

そこまでしなくても…って言いたくなりますがこれも開発者さんのこだわりなんでしょう。

完成!疎密麺塊構造

上部と下部にも麺パーツを組み合わせることで麺塊が完成しました。

エビのみシールを貼り付けることによりさらにリアルに仕上がります。

シール貼り後のエビ

貼ってる途中に気が付きましたが全然サイズの違うシールを貼ってましたので実際はもう少し綺麗に仕上がるはずです。

麺と具材を投入

ネギは持ち帰り寿司などに入ってるバランみたいな素材を切って中身は完成!

最後にフタシールを貼り付けて完成です!

完成!実物と比較してみよう。

左:プラモデルのカップヌードル 右:実物のカップヌードル

並べてよく見ると違いは見つかるかも知れませんが単品で置いた写真を見てもこれがプラモデルだと分からないでしょうね。

サイドビュー

シールの再現度も凄いですね。

デザインの違い

最近のカップヌードルは右側のデザインになっていますので比較は出来ませんがリアルです。

アップで比較

ここまでアップで寄ると分割線が見えますが100%に近い再現度ですよね。

賞味期限表示

賞味期限表示の再現もばっちりされています!

フタ止めシール

フタ止めシールは実物と同じモノを使用しているそうです。

中身の比較

実物は謎肉やたまごが多く入っているのとスープの粉が入っているので比べると偽物だと分かります。

フタシールは貼って剥がせるシールになっているので何度も遊べますよ!

中間保持構造を鑑賞

プラモデルだからこそ出来るカップの正面パーツを外して中間保持構造を気軽に鑑賞出来てしまいます!

まとめ

BANDAI SPIRITSと日清食品株式会社とのコラボレーションで誕生したBEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードルのレビューでした!

BANDAIのプラモデル技術は半端ないと聞いてはいましたが確かに凄かったです。

今後もこのシリーズで安くて面白いプラモデルが出るなら買ってみたいと思いますね。

プラモデル
スポンサーリンク
シェアお願いします。
satoshiをフォローする

おもちゃコレクターのsatoshiです。
このブログではおもちゃの紹介をメインに
たまにドローンの記事も書いてます。
おもちゃ全般を集めてますが
ハッピーセットが大好きです。

satoshiをフォローする
satoshi-toys

コメント

タイトルとURLをコピーしました