デスクトップクリーナー「スフィア」レビュー!見せてもらおうかエールのカプセル掃除機の性能とやらを。

カプセルトイ
この記事は約7分で読めます。

コロナ新規感染者が増え続けて大変な状況ですね…。ここにきて事務所の半分の人がコロナに感染してしまい、大変な事になってます…。

satoshi
satoshi

眠た過ぎる…。

今日はこの前の日曜日に気になってたカプセルトイを偶然見つけ、買ってきたのでレビューします!

デスクトップクリーナー スフィア

商品名デスクトップクリーナー スフィア
発売日2022年8月
価格400円(税込み)
ラインナップ
 全4種類
・BEIGE
・GRAY
・NAVY
・BORDEAUX
メーカーエール

吸引力を追求して作られたカプセル型掃除機。カプセルレスなうえ余剰パーツもなくノズルの付け替えだけで掃除機として使えます。

欲しかったベージュかネイビーが出るまで回したら2回目にベージュが当たり終了。

ボルドーの方はノズルが付いて無かったので今回はベージュの方を開封しました。

開封〜組み立て

フィルムを剥がした状態。クリアパーツの中にミニブックが入っている事が確認できますね。

クリアパーツを取り外し、ミニブックと注意書きが書いた紙を取り出します。

クリアの蓋パーツと本体の底にノズルがセットされています。

蓋パーツと本体底面に付いていた2つのノズルを組み合わした状態。

本体側のカバーを取り外すと、絶縁シートが出てきますので引き抜きましょう。

デスクトップクリーナー「スフィア」の良いところは既に電池が内蔵されていて、しかも電池交換が可能です。

組み立てたノズルをクリア蓋パーツに取り付けました。

ノズルを付けたカプセルを本体に戻すだけで掃除機として使える状態になりました。

試してみた。

最初から内蔵されていたテスト電池だと吸引力が低いから「吸引力を追求したんじゃないの?」って思っちゃいましたけど、アルカリ乾電池に変更したら吸引力がアップしました。

電池ボックスはネジで留めてあるので小さいドライバーが必要です。

テスト用電池は可愛い動物のイラストが描かれた、見たことのないメーカーの電池でした。

すぐに試せるからテスト用電池でも付けてくれているのは嬉しいですけどね。

ゴミ捨ても簡単で透明のカプセルを外すとすぐにゴミが捨てれます。

ただ問題点が1つ…。動画にも映ってますが、内部のフィルターより微細なゴミを吸ってしまうと、フィルターをすり抜けてせっかく吸引したゴミが、本体の排気口から飛び散ってしまう…。

プラモデル作成で使用するつもりだったのでかなり残念…。ヤスリがけで出た粉は吸うと大変な事になりますよ…。

ミニブック

ミニブックの表面はカラー印刷になっていてラインナップが写真付きで紹介されてます。ミニブック裏面は注意事項や組み立て方が親切に写真付きで紹介されてます。

遊んでみた。

私のブログでお馴染みのfigmaのフィギュアと並べるとこんな感じのサイズ感です。

自分より大きな掃除機で掃除を試みようとしてる人。

諦めてちりとりを持ってきたみたいです。

吸引力チェック。

まとめ

エールから発売されてずっと気になってたカプセル掃除機「デスクトップ クリーナー スフィア」のレビューでした。

購入目的がプラモデルのヤスリがけで出たゴミを吸うつもりだったので、まさかフィルターをすり抜けて、吸ったゴミが排気口から出てしまうとは思ってませんでした…。

ただ、微細なゴミは無理ですが結構大きななゴミも吸ってくれたので、机などにちょこっと置いてると便利だと思います。

卓上掃除機の値段を知りませんがカプセル筐体から出てきたり、400円で買えるのはとても魅力的だと思います。

是非買った人は電池交換だけお忘れなく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました