1/12スケールのミニチュアフードをお探しならプリプラ「フィギュアのごはん」に決まりだね。

ミニチュア
この記事は約10分で読めます。

今日は発売されてかなり時間が経ってますが以前から気になっていた1/12スケールのフィギュアにぴったりなアクセサリー「フィギュアのごはん vol.1」のレビューです!

フィギュアのごはん vol.1

画像引用元:エムアイシー「プリプラ特設ページ」
商品名フィギュアのごはん vol.1
発売日2018年12月
価格1500円(税別)
スケール1/12スケール
発売元エムアイシー

1/12スケールフィギュア向けに作られたデジタル彩色で再現されたミニチュアフードプラキットの記念すべき第1弾。

パッケージは透明な箱で中のランナーの状態のミニチュアフードが見える仕様になってます。

手に取って中身を確認してから購入できるのは良いですね。パッケージ背面には注意事項や商品材質などが記載されてます。

箱から取り出したランナーパーツ2枚。丼パーツは黒色のランナーで食べ物パーツは白色のランナーにデジタル彩色されています。

白色のランナー。とてもカラフルで綺麗にプリントされてます。

黒色のランナーには2分割された丼パーツが6個分付いてます。

ランナーから切り取る作業が必要なのでニッパーがあれば便利で綺麗に切り取る事ができますよ。

内容物・天丼・カツ丼・海鮮丼・うな丼・丼6種類
・鯛のお頭つき・鯛の皿・焼き鳥盛り合わせ・醤油皿)

パーツを切り取って丼を組み立てた状態。デジタル彩色なので塗装とは違う仕上がりです。

丼の中身が4個に対して丼が6個付属していてるので気分にあった丼を選んで盛り付けする事が出来ます。

丼の中心に長細い穴が空いてるのでそこにごはんの裏面にある突起を差し込むだけで完成。

海鮮丼のネタや天ぷらが丼から少しはみ出した造形になっているのがリアルで良い感じ。

私はデジタル彩色は好きですが、デジタル彩色はちょっと…って人もいると思います。

以前BANDAIから発売されたカプセルトイ「ピザーラーミニチュアコレクション」もデジタル彩色で定番のピザが再現されていましたがTwitterでは良くない意見もありましたので…。

遊んでみた。

ハセガワが販売しているフィギュアアクセサリーの「ファミレスのテーブルと椅子」を使って撮影してみました。

フィギュアに持たせて見ると少し大きい気もしますが、カプセルトイで見かける1/○スケールか分からないミニチュアフードに比べると良い感じですね!

ファミレスでたくさんの食べ物を注文して写真をSNSにアップする人。

せっかくなので以前作成したドリンクバーカウンターも並べてみるとこんな感じ!

まとめ

エムアイシーから発売されているミニチュアフードのプリパラ「フィギュアのごはんvol.1」のレビューでした。

価格も私が買った時はAmazonだと1000円程度で買えましたが今は定価ぐらいでした。まぁ定価としてもカプセルトイのミニチュアフードと変わらない感じだし悪くはないかなって思います。

近々「フィギュアのごはんvol.7」が発売されるそうなのでまた買ってみたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました